ENG

ABOUT USカルテックについて

人類と地球の未来のために。
「光触媒」で、水、空気、食をデザインする。


世界共通の課題である「空気・水の浄化」に対応できる製品を発信し
世界が必要とする環境製品すべてに我々の光触媒技術が用いられるように、ブランド力を強化して参ります。


社名の由来

Katalytis

「触媒」を表す
※ギリシャ語

Technology

「技術」を表す
※英語

光触媒技術を中核に、その確かな技術で
製品化を行う会社として「カルテック株式会社」と命名

1企業理念

THE PHOTOCATALYST
TECHNOLOGY COMPANY

光触媒で地球をキレイにする。

2代表メッセージ

Somei Junichi
Kaltech Corporation

代表取締役社長

光触媒とはじめて出会ったのは、約40年前。
私が、中学卒業後に進学した高専の化学のゼミでのことでした。それ以来、この技術に魅了され、いつか光触媒で世の中を変えることができないか、ずっと模索してきました。

その後、カルテック創業に至るまで、わたしは長年、総合電機メーカーでデバイス開発に従事しました。当時から考えていたこと、それは、ものづくりの力で地球環境の課題をひとつでも多く解決できないかと言うことです。そのために必要な技術や最適なデバイスとはどんなものなのか。研究を続けて導き出した答えが、我々が開発した「独自の光触媒技術」。 装置自体はコンパクトですが、世界初の技術が搭載された、最高品質の性能をもつ光触媒で、様々な製品に展開することが可能です。

現在は、空気に対する商品やデバイス開発がメインとなっていますが、この先には水、食の領域の商品開発も進めていく予定です。カルテックの光触媒で世界の環境問題を解決し、地球をキレイにする。この想いを一日でも早く現実にできるよう、社員一同頑張っていく所存です。

3会社概要



[会社名]カルテック株式会社
[代表者]代表取締役社長 染井 潤一
[資本金]9,000万円
[事業内容]光触媒原材料 ならびに応用製品の開発、販売
[大阪 本社]

〒541-0059
大阪府大阪市中央区博労町3-3-7 ビル博丈
TEL: 06-6244-0760

Google Map
[東京 営業所]

〒141-0031
東京都品川区西五反田2-27-4
明治安田生命 五反田ビル9F
TEL: 03-6417-0825

Google Map

BUSINESS 光触媒技術を軸とした5つの事業

  • 1世界オンリーワンへ日々進化する
    光触媒技術開発

  • 2 様々な製品やシステムに最適化した
    光触媒ユニット/モジュール開発

  • 3 地球上の人々の生活を豊かにする
    光触媒製品/システム開発

  • 4 サスティナブルな社会の実現のための
    光触媒関連サービスの推進

  • 5 世界標準の光触媒を実現する
    「営業拠点/販売ネットワーク」

4沿革

2018
2018年4月 カルテック株式会社営業開始
2018年11月 携帯型空気清浄機(OEM)発売
2019
2019年4月 冷蔵庫用除菌/脱臭機(OEM)発売
技術実験室開設(大阪市中央区南船場)
2019年8月 新製品プレス発表
2019年9月 大阪トップランナー育成事業
認定プロジェクトに認定(大阪市主催)
2019年10月 CEATEC2019出展
2019年12月 自社ブランド【ターンド・ケイ】DEBUT
壁掛けタイプKL-W01発売
2020
2020年1月 LED電球タイプKL-B01発売
2020年10月 首掛けタイプKL-P01発売
2020年11月 J-Startup KANSAI 認定
2021
2021年1月 大型床置きタイプKL-F01発売
2021年2月 首掛けタイプ花粉仕様KL-P02発売
2021年2月 壁掛けタイプ花粉仕様KL-W01P発売
2021年4月 大阪本社オフィスフロア拡張
2021年5月 東京営業所(東京都五反田)開設
2021年10月 車載タイプKL-C01発売

5SDGsへの取り組み

カルテックの光触媒技術は、持続可能な社会のために[SDGsGOAL]に貢献します。



わたしたちの重点課題と取り組み
  • あらゆる場所のあらゆる形態の貧困を終わらせる

  • 飢餓を終わらせ、食料安全保障及び栄養改善を実現し、持続可能な農業を促進する

  • あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を促進する

  • すべての人々の水と衛生の利用可能性と持続可能な管理を確保する

  • 各国内及び各国間の不平等を是正する

  • 包摂的で安全かつ強靱(レジリエント)で持続可能な都市及び人間居住を実現する

  • 気候変動及びその影響を軽減するための緊急対策を講じる